音が

2週間ほど前、普段使用しているノートパソコン:ソニーVAIOXのヒンジ部が外れかかっていることに気づきました。
ディスプレイを開いたときにグニャっといういやな触感があり、よくよく見ると右側のヒンジが外れかかっていたのです。

まぢで!?
薄いから強度的に弱いことは重々承知していましたが、いつ壊れたかすら不明とは。
まあ仕方ない。そういう構造だし。

そのまま使っていたのですが、あるとき重大な弊害に気がつきました。

音が非常に小さくなってしまったのです。
静かな場所ですら音量を最大にしないと満足に聞こえない始末。
たとえば自動車で浜松へ行く途中で苺ましまろを再生しても、何も聞こえません。
(アイドリングストップ中にギリ聞こえる程度)
私の場合ノートパソコンをけっこう荒く使うので、やはり強度を重視したほうがいいかな。
もしくは安いノートを頻繁に買い換えるか。

スマホでいっか。

聖隷三方原病院近辺

1週間前になりますが、先週日曜に浜松は三方原に行ってきました。
DSCF8982.jpg
とりあえず三方原霊園に車を停めさせていただきまして。
何かを目指していたわけではありませんが、結果的に三方原病院の周りを歩いた感じです。
DSCF8983.jpg
DSCF8984.jpg
DSCF8985.jpg
DSCF8986.jpg
DSCF8987.jpg
水が涼やかでした。
DSCF8988.jpg
DSCF8989.jpg
天気もよくて言うことなし。
DSCF8993.jpg
さすが台地を開拓した土地だけあって、ひたすら長い直線道路がおおいですね。
DSCF8996.jpg
DSCF8998.jpg
ビルの上にヘリコプターが。ドクターヘリ?
DSCF9001.jpg
DSCF9005.jpg
DSCF9006.jpg
DSCF9007.jpg
病院て、ちょっとした要塞ですよね。
DSCF9008.jpg
DSCF9009.jpg
姫街道に出て少し歩くと、何かの石碑がありました。
DSCF9012.jpg
DSCF9014.jpg
DSCF9015.jpg
DSCF9016.jpg
開拓の歴史の一部といったところでしょうか。
DSCF9017.jpg
DSCF9018.jpg
DSCF9020.jpg
DSCF9022.jpg
DSCF9024.jpg
DSCF9027.jpg
DSCF9028.jpg
そんなに暑くなく、またいい運動になりました^^


DSCF9029.jpg
なんだろ。
DSCF9030.jpg
DSCF9031.jpg
DSCF9036.jpg

足がパンパン

出張は気分転換になるものの、早起きしないといけないのが面倒。

いつもはデスクワークで座りっぱなしなんですが、今日は工場で一日立ちっぱなし。

足がパンパン。体力落ちてますね。

幸いなことといえば、移動時間に台風がかぶらなかったことですかね。

先週末も浜松に行きました。

写真は近いうちに。

転職してから隔週で浜松に行っているような気がします。

普段体を動かさなくなったので、たぶん散歩ってことでしょう。

今回は三方原近辺を歩きましたが、暑くなってきましたね。

DSCF8976.jpg
こちらは何週間か前に行った奥多摩湖(たぶん)。

タイミング重要

おとといのことですが、前務めていた会社の6つ上の先輩が転職することになり、その送別会に行きました。
十数人集まりましたが、私ともう一人が転職してすでに会社を去っている人間で、さらにはたまたまインドネシア子会社に出向している方も来てました。
仲の良い者が集まっていたので、とても楽しい時間でした。
会社を去った人間を普通に誘ってくれるのは、本当にありがたいことです。

そこでは当然のことながら転職に関しての話にもなりましたが、気づいた点がありました。

きちんと経験をつめば、偏差値50でも国立や六大学を出た人たちと肩を並べて仕事ができるということです。

今の会社に入って周りの人の出身大学を聞いて、自分の出身大学を言うのが恥ずかしくなるくらい高学歴の人ばかりなのには驚きました。
むしろドン引き^^

私が大学を卒業したときも不景気で、就職は大変でした。当時から就活生の大企業思考は強く、偏差値50程度ではとても大手には行けず、「どこか入れればいい」という状況でした。
それでも就職活動を早めに始めたので、運よく一部上場企業に就職することができました。

初任給が同じでも、それなりの会社の方が給料の上がり幅は大きいですし、ボーナスもきちんと出ます。
中小零細などはボーナス無しなんて当たり前です。
また、福利厚生や各種手当てが段違いです。
当然会社が倒産するリスクも低いです。

ただ、いろいろな会社があります。
社会人の方ならよくご存知と思いますが、会社によって社風というものが大きく違い、自分がこの社風と合わないと最悪です。

私は合いませんでした。

他にも理由はありますが、転職を決意し、今の会社に移りました。

転職の後で「なぜ偏差値50程度(新卒だと無理なレベル)で採用されたのか」と考えたとき、以下の点がそうなのだと思います。

①欲しい能力を持った人材か
キャリアの場合、募集人数はたいてい一人で、ピンポイントです。そのピンポイントにジャストミートしたときのみ採用されるといった感じです。
転職会社の人の話だとそうとは限らないようですが、私の感覚だとかなり難しいです。
コレに関しては先方によるのでなんともできませんが。

②タイミング
キャリアの場合、募集が出る時期が決まっているわけではなく、あったりなかったりです。
当然景気がいいときの方が多いですが、選べるほど数はありません。
つまり、直ぐに転職する必要がない場合、自分に合う募集・求人が出てくるまで気長に待ったほうがいいです。

③書類のつじつまが合っているか
まずは書類選考です。
私は6社受けて4社が書類で落とされました。
面接より重要です。
逆に言えば、書類が通れば(より正確に言えば1次面接に呼ばれれば)かなりの確率(私のまわりでは3~5割)で採用されます。
面接は最後の確認のようなものです。
エントリーシートや履歴書、職務経歴書等いくつかの書類を提出しますが、それらのつじつまが合っているかがポイントです。
うそは書けませんので、事実と若干の誇張で構成しましたが、ストーリーとして成り立っていないと不信感を持たれ、書類選考で通りません。

④とは言いつつ、面接も重要
私は面接で1社落ちています。
最大の要因は、①で書いたことがマッチしていなかったことです。
面接は「受ける」ものですが、こちらも相手のこと(私の場合は相手の社風)を感じとり、自分に合った会社化を判断する数少ない機会であり、この1回でおおよその雰囲気はわかります。
学生のころはさっぱりわかりませんでしたので、社会人経験をつむことで感じ取れるようになったということだと思います。
もうひとつの要因は、相手の質問に充分に答えることができなかったことです。
質問はありきたりな、普通の質問でした。
当然回答はまとめておきましたが、充分に答えることができませんでした。
1対1か2の少人数の面接かと思いきや、相手は5人いて面食らったのと、緊張して話す内容を忘れてしまっていました。
その帰り道でひとり反省会をしました。
対策としてはカンニングでした。
面接官の人数が多い場合、面接官との距離は離れています。
私が受けた2社は約2mくらい。
しかも説明のためのエントリーシートや職務経歴書は自分のテーブルの上に出しています。
「じゃあ面接対策のカンニングシートがあってもいいよね」
キーワードだけ思い出せればおおよそ話せるので、この作戦は成功でした。
逆に面接官と1対1だと無理ですね。


偏差値50からの転職、いかが?

浜松防潮堤建設に300億円寄付!

浜松で創業した一条工務店が浜松の海岸部に防潮堤を建設するために300億円を寄付するという記事がありました。
防潮堤
300億円て、半端じゃない。
すごすぎ。

ちょっとHPのぞいてみました。

一言で言うと、免振が必要だ。

丸子商店街の住人になりたい

それ町をとりあえず9巻まで読みました。

一番印象に残っているのは『サバソバ』の回かな。

自分の利益の優先順位の低いこと低いこと。

みんないい人ばかり。

まじでここの住人になりたい。

読んでいて、うわ!懐っ! と思ったのが占い装置。

DSCF8977.jpg

とりあえず正式名称が知りたい。

ご存知の方も多いと思います。

最近というか、ここ20年めっきり見なくなりました。

子供のころ、家族でラーメン屋や焼肉屋に行くと、各テーブルに1台必ず配備されていたものです。

やってみたくてやってみたくて親にせがんだことがありますが、ついぞやらせてもらえませんでした。

親からすれば「こんなものに100円も出せぬ」という感じだったのでしょう。

将来自分で金を稼いだら絶対一度やってやる。

と心に誓っていましたが、いつの間にやら絶滅してしまいました。

どこかに生き残ってるかもしれませんが。

和合町

段子川をわたって和合町へ。
DSCF8921.jpg
DSCF8923.jpg
DSCF8925.jpg
DSCF8928.jpg
権現谷川は渡らず、南へ。
DSCF8930.jpg
DSCF8933.jpg
馬生会館の横を通り、
DSCF8934.jpg
DSCF8936.jpg
DSCF8937.jpg
お地蔵様は、ぱっと見は見当たりませんでした。
お茶にまつわるエピソード、さすが静岡県ですね。
DSCF8940.jpg
DSCF8941.jpg
ここらで足が限界でしたので、東に向かいました。
DSCF8942.jpg
DSCF8943.jpg
DSCF8946.jpg
DSCF8947.jpg
地図を持っていなかったので、ここに来るまでどのあたりを歩いていたのかわかっていませんでしたが、案外南下していたことを悟りげんなりしました。
が、ここは奥山線の住吉駅付近。
以前跡地を浜松城公園からここまで歩いてきた続きを歩く機会!
DSCF8949.jpg
DSCF8950.jpg
次は銭取駅。
DSCF8951.jpg
DSCF8953.jpg
DSCF8954.jpg
銭取駅跡の表示は民家の壁にくくりつけてありました。
DSCF8955.jpg
奥山線はまだまだ続きますが、これにて。

あんまり疲れてたので佐鳴湖に行くのを忘れてまして、思い出したのは夕方。
DSCF8959.jpg
かろうじて写真に写るレベル^^

まだそんなに暑くないので散歩にはちょうどいいです。

泉町

続きなわけで。
DSCF8887.jpg
DSCF8888.jpg
DSCF8889.jpg
DSCF8894.jpg
DSCF8895.jpg
DSCF8899.jpg
もうアジサイの季節ですね。
DSCF8901.jpg
DSCF8904.jpg
DSCF8905.jpg
DSCF8908.jpg
DSCF8910.jpg
DSCF8913.jpg
なかなかに坂道があり、体力を奪われまして。。
いい運動になります^^
ちなみにこの階段は上っていません。
DSCF8915.jpg
DSCF8916.jpg
DSCF8919.jpg
DSCF8920.jpg
DSCF8921.jpg
ちょいちょい出てきた川は段子川だったということを今地図をみて知りました。

次回は和合町。

幸町から葵方面へ

先週末も浜松へ。
泉町を歩きたいなと思いました。
幸町から入りました。
DSCF8843.jpg
まずは北へ。この道、旧奥山線だったところです。
DSCF8844.jpg
DSCF8847.jpg
DSCF8849.jpg
DSCF8851.jpg
萩丘小。行き止まりかと思いましたが、右側に道が続いていました。
DSCF8854.jpg
DSCF8856.jpg
DSCF8858.jpg
DSCF8859.jpg
DSCF8860.jpg
DSCF8863.jpg
小豆餅子供の遊び場。子供たちはいませんでした。
小豆餅に入っていましたね。
DSCF8865.jpg
DSCF8866.jpg
春にはきれいな桜並木なのでしょう。
DSCF8869.jpg
小豆餅をかすめて葵東へ。
DSCF8872.jpg
DSCF8873.jpg
DSCF8875.jpg
DSCF8876.jpg
DSCF8877.jpg
大手自動車会社の工場の周りをぐるっとまわって浜松基地前の六角・・・いや八角レンチモニュメントまで来ました。
もうだいぶ足に来てました。
デスクワークばかりなので体が弱くなってますね。
DSCF8879.jpg
DSCF8883.jpg
妙に緑地がありますね。
DSCF8886.jpg
泉町に入りました。

続きは次回に。

あやうく

週刊アスキーが微妙にナディアに染まってる。
DSCF8963.jpg
岡田さんのコラムも。

2回目の初任給(転職したから)は何に使おうかと思っていましたが、それ町を買いました。
DSCF8967.jpg
なぜ弟の方があんなに利発なんだろう。ファインプレイ連発!
この漫画、なぜか男キャラが出てくる回が面白いと思う。
自分の部屋以外では読めない。
笑ってしまう。

ましまろ、調子いいね。
5ページだけど!

四ツ池公園と幸町2

もう2週間も前のっ写真をアップします。
再度四ツ池公園側へ。
DSCF8789.jpg
DSCF8792.jpg
DSCF8794.jpg
DSCF8798.jpg
DSCF8803.jpg
DSCF8805.jpg
球場まで戻ってくると、ちょうど何か野球の試合中でした。
自由に入れたのでスタンドに上がってみました。
DSCF8807.jpg
第6回レワード旗争奪浜松地区中学校野球大会の決勝戦でした(決勝だと知ったのは後になってから^^
DSCF8808.jpg
曳馬中と入野中で、入野中が圧倒していたので曳馬中の応援にまわりました(心の中で)。
その後も入野中の圧倒が続いていましたが、7回に入野中のピッチャーが崩れて押し出しとヒットで曳馬中が6点とって追いつきました。
最後までは観ていませんでしたが、最終的に曳馬中が8-6で優勝したようです。

下池川交差点でカーナビの画面が大きく変わりました。
DSCF8810.jpg
主要交差点で出るらしい画面ですが、初めて見ました。
DSCF8811.jpg
確かに再現度高い。

佐鳴湖公園はサンクンガーデン方面へ。
DSCF8814.jpg
工事中の立て看板が立っていましたが、ベープメント広場のトイレがあった場所が工事中でした。
DSCF8818.jpg
間伐?
DSCF8821.jpg
DSCF8822.jpg
DSCF8825.jpg
DSCF8826.jpg
DSCF8833.jpg
DSCF8838.jpg
DSCF8840.jpg
これは大平台の住宅地からサンクンガーデン駐車場へ抜ける近道。
わずか20メートルくらいで駐車場へ行くことが可能です。


新東名が開通したからか、東名はガラガラです。
交通量はたぶん半分以下になったとおもいます。
台数が少ないので運転はしやすくなりましたが、SAなどでのサービスが低下しないことを希望します。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる