fc2ブログ

新川放水路の目的

浜松に行けないので浜松の地図を見て病気の発症を抑える日々が続いている今日この頃。
(これがすでに病気なのでは?)

そして、ましまろ界隈ではもっとも有名な湖である佐鳴湖。
佐鳴湖の地図を見ていると気になることがあるんです。

 新川放水路は何のために作られたのか?

時間もあることですし、少しググってみました。

新川放水路とは佐鳴湖の流出経路のひとつで、佐鳴湖漕艇場の北側から西へ向かい、東神田川につながっています。
佐鳴湖20043001a
赤矢印の部分ですね。

『放水路』と名前がついているので、元々あった川ではなく、人工的に作られた水路と思われるので、昔の地図を見てみました。
佐鳴湖20043004a
1990年(平成2年)の地図だと、新川放水路は影も形もありません。
(水色線は私が書き込んだ新川放水路のおよその位置)
この時点では北側に広がる大平台もまだ畑ばっかりですね。
やはり人工的な水路です。

立体的に見てみましょう。
佐鳴湖20043003a
パット見でも、できれいに開削された水路に見えます。

さて、本題の建設目的です。
放水路と名前がついているので、要は「佐鳴湖から排水するため」であることは想像がつきます。

なぜ排水する必要があるのか。

なかなか明確に書かれた資料が出てこなかったのですが、意外なところに記載がありました。
第5回日本水大賞【審査部会特別賞】を受賞した湖南高校自然科学部の報告書「佐鳴湖はなぜきれいにならないのか」です。
(海なし県出身の私にとっては)多変興味深い内容でしたので、ぜひ一度読んでみてください(全15ページ)。

2ページ目の右側に新川放水路の記述があり、その中に次の一文があります。

/////////
佐鳴湖南部の入野町は豪雨により浸水することがあり、佐鳴湖の水位を下げ、浸水防止のために造られました。
/////////

とのことです。
別の資料ですが、1976年(昭和50年)10月の大雨災害のものがありました。
佐鳴湖20043005
(静岡県河川海岸整備課「平成26年度公共事業再評価調書」)
水色部が浸水範囲ですが、これを見る限りでは入野だけでなく、小薮や富塚も浸水しています。

このほか、
 わがまち文化誌 佐鳴湖のあるまち 浜松市立入野公民館編
の77ページから水害に関することが記載されています。
地元の方の証言が書かれています。

おそらく、佐鳴湖上流に大雨が降ると佐鳴湖に大量の雨水が流れ込み、川幅の狭い唯一の流出河川であった新川の排水能力を超えて佐鳴湖があふれたものと思われます。
川幅を広げようにも大規模な立ち退きが必要になるため、農地と山林だった現在地に新たに放水路を建設したのでしょう。

疑問がひとつ解決しました。

でも、実はもう一つ気になっていたことがあります。
旧新川の佐鳴湖からの出口には水門があります。
佐鳴湖20043007
この水門の役割も?でしたが、想像がつきました。

佐鳴湖は小薮などの一部を除いてぐるっと堤防に囲まれました。
佐鳴湖20043006
何年か前にできたこれらの堤防です。
佐鳴湖の水位が上がった時に、周囲に溢れないようにするためですね。
でも、佐鳴湖流出河川の新川には堤防を築けません。
佐鳴湖増水時には、新川も増水し、新川から入野へ水が流れ込んでしまいます。
そこで、佐鳴湖増水時には水門を閉め、排水能力の極めて高い新川放水路からのみ排水し、新川の増水を防ぐのが目的と思われます。

(5/7追記)
すみません、この水門の目的は違ったようです。
『わが町文化誌_佐鳴の風』156ページに以下のような記載がありました。
佐鳴湖20043008
満潮時の逆流防止用でした。
(追記ここまで)

ちなみに、平成2~29年の間に佐鳴湖周辺で行われたこれらの河川改修事業の総額は、約102億円とのことです。
すごE

さわやかのプリペイドカード

思っていたよりも外出規制が長引き、曜日感覚が失われつつあります。
不足してる浜松分を補給するため、ストリートビューのお世話になったり、以前録画した浜松関連のビデオを見たりいています。
戸津川警部シリーズの浜名湖殺人ルートの回では、雄踏町を中心にはまゆう大橋や浜名湖ロイヤルホテル、中村家住宅などが出てきます。
20200314DSC03685.jpg
ちなみに↑は浜名湖ロイヤルから東側を撮影したと思われる場面で、雄踏町市街が広がっています。
個人的にびっくりしたのが、佐鳴湖のすぐそばにある浜松医療センターが出てきたことですね。

さて、以前ちらっと紹介した、菊川市のふるさと納税の返礼品にある「さわやかのお食事券」。
届きましたので上げていきたいと思います。
20200423DSC03539.jpg
20200423DSC03541.jpg
20200423DSC03546.jpg
以前は500円/枚の紙の券だったようですが、いつからかカードになりました。
その名も「SAWAYAKAだんらんカード」
20200423DSC03547.jpg
裏面右下のQRコードから残高照会できますが、少しめんどくさいです。
QRコードを読み込んだ後に、カード番号16桁とPIN番号6桁の計22桁の数字を入力しないと照会できません。

ちなみに、入金額に対して1%分多くポイントがもらえるので、ふるさと納税の返礼品としての還元率は30.3%です。
とても優秀な還元率です。

さわやかつながりでもうひとつ。
とても人気なお店なので、たいていの時間帯は人が並んでいる状況です。
そんなさわやかのホームページには各店舗の待ち時間がわかる素敵な機能があります。
ホーム画面の一番上にあるので、とても分かりやすいです。
開くとこんな感じ↓
Screenshot_20200314-154655 (1)
とある日の午後3時45分時点での待ち時間です。
ふつうは最もすいている時間帯と思うのですが、
御殿場インター店の待ち時間、おかしくないですかねぇ。
約6時間待ち。。。ネズミーランドも真っ青。

とはいえ、この時間は半数以上の店舗は待ち時間0分でした。
私の行った富塚店も待ち時間なしで席に案内されました。

さわやかに行こうというときは、待ち時間を確認してからうかがうことをお勧めします。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる