fc2ブログ

20200620浜松城公園

6/19から県境またぎ制限要請が解除されました。
つまり、さっそく浜松に行ってきました。

20200620DSC03687.jpg
新鮮な富士山。

20200620DSC03688.jpg
新鮮な柳通り。

20200620DSC03689.jpg
新鮮な浜松城公園の駐車場。

20200620DSC03691.jpg
新鮮な芝生広場。
何もかもみな懐かしい・・・(某宇宙戦艦艦長並感)

さて、コロナ明け1発目に浜松城公園に来たのには訳があります。
↓の写真、どこかわかりますでしょうか。
20200620ケーブルカー1
お察しの通り、現在の浜松城公園の以前の姿です。
浜松城公園には、1982年まで動物園がありました。
というより、動物園の跡地に公園ができた形です。

で、上の写真ですが、写真左上に奇妙な物体が浮いているのが気になりませんか?

これ、ケーブルカーです。
浜松城天守台と、動物園当時の猿ヶ島付近を結んでいたようです。
ただ、設置されていたのはわずか4年ほど。
1954年に撤去され、直後に浜松城が再建されています。

天守台駅は今の浜松城の位置ですが、猿ヶ島とは現在のどこなのか?
気になりますよね?
ね?

開園当時の動物園の地図がありました。
そこに、ケーブルカーの図が載っていました。
20200620ケーブルカー2
赤矢印部です。
赤矢印の上の楕円形の部分が猿ヶ島。
この一帯は現在の展望広場に当たります。
現在の航空写真と並べてみました。
20200620ケーブルカー3
また、当時の航空写真に不鮮明ですが駅が見えます。
20200614002.jpg
わかります?
ちょっと捕捉しますと・・・
20200620ケーブルカー4
水色矢印:天守台駅
黄緑矢印:猿ヶ島駅
です。
半円形の屋根の建物が駅ですね。
ちなみに、
元城プールは現在の芝生広場、
象舎は現在の石舞台広場です。

建設経緯や沿革についてはケーブルカーガチ勢のブログや浜松市史が参考になりますので、検索してみてください。
猿ヶ島駅の鮮明な写真などが見られます。

ということで現地の写真。
20200620DSC03698.jpg
展望広場の南側の写真です。
見えませんが、中央奥に浜松城があります。
猿ヶ島駅は展望広場の南側斜面に建っているので、斜面横から撮影してみたのが↓
20200620DSC03703.jpg
正確な位置はわからなですね。

ということで、ケーブルカー跡地を見たかったから浜松城に来た、という状況です。
地図的古今浜松シリーズはここまでにして、浜松城公園のつづき。
20200620DSC03705.jpg
20200620DSC03706.jpg
20200620DSC03707.jpg
20200620DSC03708.jpg
20200620DSC03710.jpg
20200620DSC03711.jpg
象舎のあった石舞台広場。
20200620DSC03712.jpg
20200620DSC03713.jpg
20200620DSC03715.jpg
20200620DSC03719.jpg
20200620DSC03720.jpg
20200620DSC03721.jpg
20200620DSC03722.jpg
20200620DSC03723.jpg
浜松城天守は絵図が残っていないらしく、いくつかの城を参考にして「推測」という形で再建されたようです。
また、再建資金の不足により、本来のサイズの3分の2程度の大きさになっているようです。
上の写真で左側が開いているのはそのため。
20200620DSC03724.jpg
20200620DSC03725.jpg
20200620DSC03726.jpg
20200620DSC03727.jpg
20200620DSC03733.jpg
上の写真中央部には富士見櫓という建物があったらしく、現在再建計画がすすんでいるようです。
20200620DSC03735.jpg
富士見櫓跡付近から展望広場方向を見た写真ですが、木々でおおわれて地形はよくわからないです。
20200620DSC03739.jpg
20200620DSC03740.jpg
20200620DSC03744.jpg
本丸跡。
20200620DSC03746.jpg
20200620DSC03747.jpg
このあたりには鉄門(くろがねもん)があったらしいです。
20200620DSC03748.jpg
20200620DSC03750.jpg
20200620DSC03752.jpg
20200620DSC03753.jpg
20200620DSC03754.jpg
20200620DSC03755.jpg
20200620DSC03756.jpg
元城小跡では発掘調査が行われているようです。
このあたりは二の丸がありました。
当時の間取りの詳細図が残っているので、それと照合したりするのでしょうか。
20200620DSC03759.jpg
芝生広場横には田畑政治ゆかりの地の看板が立てられていました。
文中の『古橋』とは、もちろん雄踏町出身の古橋廣之進さんのことです。

次回は新鮮な佐鳴湖の予定です。

【地図的古今浜松】市営プール

県跨ぎ制限解除まであと1週間を切りました。
楽しみで仕方ないです。

さて、地図的古今浜松シリーズ5回目は市営プールです。
まずはこの写真がどこかわかりますでしょうか。
20200614プール001
1950年代前半の写真です。


さっそく答えです。
20200614002.jpg
個人的に衝撃的なのが、
市役所の右側の道が現在のR152なんですが、写真の右上(現在の下池川町交差点付近で途切れていることです。

ということで、市営プールの経歴です。
①1950年(S25)、元城町に元城プールが設置
②1979年(S54)、江之島町に江ノ島水泳場が設置
③2009年(H21)、篠原町に古橋廣之進記念浜松市総合水泳場が設置
20200614プール00

1950年、市制40周年記念に合わせて元城町に①元城プールが完成します。
現在の浜松城公園の芝生広場(ましまろOVAで自由学習のときに生徒たちが先生の話を聞いていたところ)付近です。
20200614プール01
9コースx50m、スタンド収容人数12,000人の大規模なプールでした。
20200614003.jpg
1979年、老朽化により解体され、飛び込みプールが防災用地下水槽として転用されています。
ちなみにこの元城プール、大河ドラマ「いだてん」の後半の主人公の田畑政治(浜松市成子町出身)にゆかりのあるプールだそうです。阿部サダヲさんが演じてらしたそうです。
いだてん全然観てませんでした。。。

1979年、江之島町に②江ノ島水泳場が新設されます。
屋内の50m温水プールで、隣のごみ焼却場の排熱を利用していました。
20200614プール02
こちらも元城プールに準じた設備が設置されました。
2012年、老朽化により屋内プールが閉鎖。
近年解体され、跡地には砂が敷き詰められ、ビーチバレーやビーチサッカーができる「江ノ島ビーチコート」が昨年(2019)完成しています。
↓静岡新聞の記事
https://www.at-s.com/news/article/local/west/664891.html
また、屋外の25mプールと子供用プールは現在でも夏季無料開放しているようです。

2009年、篠原町に③古橋廣之進記念浜松市総合水泳場が新設されます。
20200614R1.jpg
20200614R6.jpg
20200614R5.jpg
20200614R2.jpg
20200614R3.jpg
20200614R4.jpg
↑2009年のオープン直後の写真
こちらも隣のごみ焼却場の排熱を利用しています。
名前の由来となっている古橋氏は雄踏町出身の水泳選手で、戦後の復興期に世界的に活躍された方です。
浜松市の名誉市民にも名を連ねています。
いだてんでは第40回放送で、北島康介さんが演じたそうです。

いだてん観たくなってきました。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる